転職サイトの上手な使い方とは?登録~内定までを解説!コツは複数登録にあった!?

転職サイトの使い方

「今すぐ転職したい!」という人も「来年くらいにはそろそろ転職でも……」という人も、
転職を思い浮かべた人がまず登録するのが転職サイトです。

でも、いざ転職サイトを探そうとすると、

「いろんなサイトがあって決められない」
「どんなふうに転職サイトを活用すればいいかわからない」
ということになりがち。

そこで転職サイトのことで悩めるあなたに、
「転職サイトをうまく使って転職を成功させるコツ」をお伝えできればと思います。

転職サイトとは?


まず、転職を考えるときによくごちゃまぜになるのが「転職サイト」と「転職エージェント」。

簡単に言ってしまうと、

・転職サイト=自分でサイト経由で企業を選ぶ
・転職エージェント=転職のプロが自分に合った企業を選んでくれる

というもの。
転職サイト、エージェントとも基本的に無料で利用ができます。
(ビズリーチなど一部例外もあり)

転職エージェントのメリットは、何といってもプロのキャリアアドバイザーから直接転職のアドバイスをもらえることでしょう。

アドバイザーとの面談を通じて自分の強みや市場価値を理解できます。
それにもちろん、膨大な数の求人のなかからあなたに合った案件を提案してもらえることも大きな特徴です。

ただ、現職の勤務地や勤務状況によっては、アドバイザーとの面談の機会がなかなか作りにくい人もいると思います。また、アドバイザーも人間なので「相性が合わない」というケースもあります。この場合、あなたの貴重な時間が徒労に終わるリスクもあるんですね。

それからもう一つ重要なのが「求人の網羅性」。
転職は人生の大きな決断ですから、できるだけ幅広く求人を眺めて、その中で自分の希望にもっともフィットする企業に転職したいと誰もが思うはずです。

この点で言うと、転職エージェントは少し不利です。というのもエージェントの多くは「非公開求人の紹介」を売りにしています。
非公開のため基本的に求人案件はエージェント側から提出され、その中で受けてみたい企業をあなたが選ぶ形になります。
結果的に網羅性は低くなりがちで、納得度の高い転職にならない可能性もあるわけです。

一方の転職サイトはというと……
転職サイトを利用するメリットは、まず「自分のペースで転職活動ができる」ということ。
勤務先での昼休みや朝晩の通勤途中など、空いた時間を使って気軽に求人をチェックすることができます。
また、網羅性も抜群です。
各転職サイトでは平均して数千~数万件の求人が公開されています。
それらの求人をさまざまな条件ごとに検索できるため、幅広い案件を見ることが可能です。

<転職サイトの一例>

大手転職会社を中心に、とてもたくさんのサイトがあります。

1.DODA
2.エン転職
3.リクナビNEXT
4.マイナビ
5.ワークポート

転職サイトの使い方※登録~内定までの流れ


さて、上記のようにたくさんの転職サイトがあるわけですが、どのサイトも基本的に使い方は同じです。

1.転職サイトに会員登録
2.求人案件をチェックし、応募
3.書類選考に通った応募企業と面接日程を調整
4.面接

ひとつずつ詳しく見ていきましょう

1.転職サイトに会員登録

サイトにあなたの情報を登録しましょう。
氏名や住所などの情報から、これまでどんな仕事をしてきたかの職務経歴や自己PRなどが一般的です。
履歴書や職務経歴書のデータもここで登録しておくと、面接ごとに紙で持参する必要がなく便利です。
(もちろん企業によっては面接時の持参を求められることもあります)

複数のサイトに登録する場合には、最初のサイトに登録した内容をメモ帳などに貼りつけて保存しておくのがよいでしょう。次からの登録がとても楽になります。

2.求人案件をチェックし、応募

求人を確認していきます。最初はできるだけざっと、数多くの求人を眺めるのがオススメです。

ほとんどの転職サイトには「お気に入り」機能があるので、少しでも気になった求人はどんどんお気に入り登録していきましょう。
それらをあとで眺めることで、自分がどういう企業や案件に惹かれる傾向にあるのかなどを客観的に把握できます。

3.書類選考に通った応募企業と面接日程を調整

求人に応募するとまず書類選考があります。
書類選考を通過した場合、企業側との面接日程の調整に移ります。
ほとんどの転職サイトで、会員ページ内にあるメールやチャットで企業側とやりとりが可能です。

4.面接

企業との面接です。転職エージェントの場合、面接にアドバイザーが同席することもありますが、転職サイト経由ではあなたと企業の二者で行うことになります。
その後、内定となった場合には企業側と内定応諾の確認をしたり、入社日の調整をしていくという流れです。

転職サイトの登録はどんな情報を登録するの?


転職サイトを使う場合、まずサイトに会員登録をする必要があります。
先述した内容と重複するところがありますが、登録する内容は大まかに以下のようなものです。

・氏名、年齢、住所などの個人情報
・職歴、持っているスキル、得意な業種などのキャリア情報
・履歴書、職務経歴書などのドキュメント情報

どの転職サイトでもこれらの情報を登録することで利用ができるようになります。

各サイトそれぞれに登録をする必要があるため、複数のサイトを使う場合にはひとつずつ登録しなければなりません。ひとつテンプレートを作っておいて、それをコピペすると手間が省けます。

転職サイトに登録するおすすめの時期がある?内定が決まりやすい時期を狙え!!


転職活動は一般的に時間がかかるもの。
平均して3ヶ月~6ヶ月、あるいはそれ以上かけてじっくり活動をする人もいます。
場合によっては1年程度かかることもあるわけですが、実は転職活動に有利な、つまり内定が出やすい時期というものがあると言われています。

新規の求人は基本的に春先の3-4月と、9-10月に掲載数が増える傾向にあります。
これは多くの企業が3月と9月にそれぞれ半期末を迎えるため、そのタイミングで退職者の補充を行なったり、新規に立ち上がった事業のための人員を募集したりするためです。

もちろん求人が増えるということは応募者の数も増えることになります。
ライバルとの競争を勝ち抜くためにも、この時期から転職活動を始めるのではなく、余裕を持って準備をしておき、転職サイトの求人が増えるタイミングで一気に動き出すのが効果的かもしれません。

転職サイトは掛け持ちで複数利用が大きなポイント


サイトごとに会員登録をしなければいけなかったり、掲載求人を自分でチェックする必要があることから、利用する転職サイトを1つだけにする人も少なくありません。
しかし転職活動を有利に進めるには断然、複数の転職サイトを並行して利用することをおすすめします。

転職サイトは非常にたくさん存在します。どのサイトも一見すると似たような印象を受けるかもしれませんが、実際には転職サイトごとに強い業種や取扱求人の規模などさまざまな違いがあるものです。

1つのサイトだけに頼ってしまうと、自分に本当にぴったりな求人を逃してしまう可能性もあります。
それぞれの特徴をしっかり把握して、複数の転職サイトに登録をしておくことが大切です。

転職サイトの掛け持ちで複数応募するのはあり?


ただ注意しなければならないのは、複数の転職サイトに登録したからといって同じ企業の求人案件にそれぞれのサイトから複数応募することです。
それは控えたほうがよいでしょう。

複数のサイトから応募することは可能ではありますが、企業側の印象はよくありません。
いくつものサイトから応募してくるというのは、「どの企業に応募したかをよく把握せず手当たり次第に応募しているのでは?」というマイナスの印象を持たれてしまう可能性があります。

複数のサイトで同じ企業が求人を出している場合は、一度じっくり内容を比較してからどこのサイトで応募するかを決めるのがいいでしょう。

一見すると同じような求人であっても募集ポジションや提示年収などが微妙に違うことがあります。
その場合、掲載年月日をチェックすることが大切です。
より新しい求人のほうが、企業側の最新の条件であることが多いためです。

いかがでしたか?

自分のペースで転職活動を進めるときに欠かせない、転職サイト。
それぞれの特徴を見極めたうえで複数のサイトを上手に活用して、納得のいく転職を実現していただけたら嬉しいです。

こちらの記事もよく読まれています!

⇒転職サイトのどこがいい?徹底比較した結果おすすめの転職サイトランキング