【例文】退職理由を面接で話す時の伝え方。ポジティブ・簡潔・一貫性が大切。

【例文】退職理由を面接で話す時の伝え方。ポジティブ・簡潔・一貫性が大切。 退職に関して

転職を絶対に成功させたいけど、退職理由って面接でどう答えたらいいんだろう……?

特に転職が初めてという方は、何をどう伝えるべきが悩みますよね。

マイナスな理由で退職した場合はどうすればいいの?と思う方も多いはず。

この記事では、面接で退職理由を伝える際のポイントについて書いていきます。

先に話してしまうと、確実に押さえたいポイントは、ポジティブ・簡潔・一貫性です。

例文も用意しているので、具体的な退職理由のイメージができますよ。

また面接で退職理由を聞く理由と、絶対に避けたいNGな退職理由もまとめているので、この記事を読めば退職理由の対策は完璧。

ぜひこの記事を参考に、退職理由を伝えるコツを押さえて、転職を成功させてくださいね。

面接での退職理由の伝え方、3つの重要ポイント

面接での退職理由の伝え方、3つの重要ポイント

面接で退職理由を伝える際の重要なポイントは以下の3つです。

  1. ポジティブな言葉選び
  2. 簡潔な回答
  3. 理由と志望動機の一貫性

この3つは確実に押さえていきましょう。

以下で詳しく説明していきますね。

言葉を選んでポジティブに話す

退職理由を述べる際には、ポジティブな言葉で回答することが大切です。

一般的にはネガティブな理由であっても、言葉を選んで前向きな印象を与えるのがポイント。

もちろん、嘘をつくのはNGです。

しかし同じ事実でも、伝え方や表現を工夫するだけで、面接担当者に与える印象は大きく変わります。

<例>

給料を満足にもらえなかった

→「自分の成果に正当な評価と報酬が得られる企業で、より自分のスキルを高めて尽力していきたい」

仕事の内容に楽しみや興味を見出せなかった

→「前職で得た□□を活かして、○○の仕事にも挑戦し、より広い視野で企業に貢献したい」

労働時間が長く、休日出勤もあってキツかった

→「指定された時間の中で、いかに自分のパフォーマンスを高めていけるか挑んでみたい」

少し言い換えるだけで、まったく印象が違いますよね。

人事担当者がどちらを採用したいと思うかは明白でしょう。

退職理由を面接で話す際には、ポジティブな印象を与えるよう言葉や伝え方に工夫をすることを心がけてください。

シンプル・簡潔に答える

面接での退職理由は、シンプル且つ簡潔に述べることが重要です。

こうすることで、退職理由を明確に伝えることができます。

もちろん実際は、たった一つの理由だけで退職した、ということはないでしょう。

さまざまな要因があって、総合的に退職を判断しますよね。

しかし退職に至った要因をたくさん盛り込むと、ごちゃごちゃとした内容になる上、話も長くなります。

面接担当者からすれば、結局この人は何が言いたいの?という感じるでしょう。

明確な主張が苦手な人だと捉えられてしまい、そもそも退職理由も曖昧なのでは?と思われてしまいます。

退職理由を面接で述べる際には、何を言いたいのかをはっきりさせ、簡潔に話しましょう。

志望動機とつなげて理由に一貫性を持たせる

退職理由は志望動機とつなげ、主張に一貫性を持たせるのがポイントです。

退職理由と志望動機をしっかりリンクさせることによって、面接担当者に明確に主張が伝わります。

<例>

給料を満足にもらえなかった

→退職理由「自分の成果に正当な評価と報酬が得られる企業で、より自分のスキルを高めて尽力していきたい」

⇒志望動機「御社の社員評価制度と成果報酬制のもとで働きたい」

仕事の内容に楽しみや興味を見出せなかった

→退職理由「前職で得た□□を活かして、○○の仕事にも挑戦し、より広い視野で企業に貢献したい」

⇒志望動機「○○の仕事ができる御社で働きたい」

労働時間が長く、休日出勤もあってキツかった

→「指定された時間の中で、いかに自分のパフォーマンスを高めていけるか挑んでみたい」

⇒志望動機「残業を減らし、仕事の効率化を促進している御社で働きたい」

退職理由と志望動機に一貫性を持たせることによって、その両方がより強固な主張になりますよね。

退職理由を述べる際には、志望動機と自然につながるようにしましょう。

退職理由を面接で聞かれる理由

退職理由を面接で聞かれる理由

そもそも、なぜ転職の面接で退職理由を聞かれるのでしょうか。

理由は大きく3つあります。

  1. 長く働いてもらえるか判断
  2. 仕事への意識や意欲の確認
  3. 会社についての理解や相性をチェック

企業側の意図を理解しておくと、退職理由をどう答えるべきか考えやすくなります。

長く働いてもらえるか判断

転職の面接で退職理由を聞く理由の一つは、会社で長く働いてもらえる人かどうかを判断しているからです。

人を一人採用するにもかなりのコストと時間がかかります。

当然企業側としては、それだけお金も時間もかけた採用者には長く働いてもらいたいと思っています。

退職理由を聞くことで、「うちの会社をすぐに辞めてしまうような要素はないか」確認しているのです。

仕事への意識や意欲の確認

仕事への意識や意欲を確認するのも、面接で退職理由を聞く理由の一つです。

会社という組織の一員として働く以上、仕事への意識や意欲を同じように持っている仲間を採用したいと人事担当者は思っています。

退職理由を聞くことで、あなたの仕事への意識の高さや、仕事に対する意欲を見極めているのです。

会社についての理解や相性のをチェック

面接で退職理由を聞かれる最後の理由は、会社についての理解や相性のチェックです。

会社についての理解が不十分だと、働き始めた後に「こんな仕事・会社だとは思わなかった」とギャップが生じてしまう可能性があります。

会社側としてもそういったギャップが生じないように、選考の段階でどれだけ会社について理解しているか判断する一つの材料としているのです。

また、会社について理解が足りていないと、面接担当者は勉強不足であると判断し、志望度が低いと考えるでしょう。

相性のチェックは、会社の一員となったときに社風や制度に適しているかどうかを確認しています。

退職理由を聞くことで、働き始めた後のギャップがないか、志望度の高さや一緒に働くのが現実的であるかどうか、判断しているのです。

NG!言ってはいけない面接での退職理由

NG!言ってはいけない面接での退職理由

これまで、退職理由を伝える重要ポイントや、なぜ退職理由を聞かれるのか見てきました。

最後に、退職理由を言う上でNGなことも確認しておきましょう。

  1. 待遇面ばかりを主張
  2. 会社や上司の悪口
  3. 嘘をつく
  4. 抽象的すぎる内容

3の「嘘をつく」は論外です。本当のことを話すのは当たり前。

しかし、言葉や伝え方には工夫が必要です。

以下で詳しく見ていきましょう。

福利厚生など待遇面ばかりを理由として主張

退職理由が、福利厚生などの待遇面ばかりになってしまうのはNGです。

確かにあなたにとっては事実かもしれません。

しかし面接担当者からすれば、「この人は肝心の仕事についての意欲がないのかな?」と受け取らざるを得ないでしょう。

あくまでもメインは仕事。

待遇面の理由は、あくまでも補足的に述べるにとどめておくほうが良いです。

前職の同僚や上司、会社の悪口や中傷

前職の同僚や上司、また会社を悪く言うのは避けたほうがよいです。

それは、仮にあなたがハラスメントなどの被害に合っていたとしても言えます。

というのも、面接担当者はその状況を実際に見られるわけではありません。

あなたがどんなに酷い目に合っていたとしても、それが事実どうか確かめることはできないのです。

そうなると残るのは、会社や他人のことを悪く言う、印象の悪いあなただけ。

わざわざ話して自分自身の印象を下げる必要はありませんので、前職に関する会社や他人の悪い部分は言わないようにしてください。

嘘をつく

退職理由で嘘をつくのは、当然NGです。

ついつい自分自身を良く見せようと、悪気なく話を作ってしまったりすることもあるかもしれません。

しかし、面接担当者はあなたと会社の相性などを総合的に判断しています。

取り繕った退職理由を述べたことで、いざ入社した後に入社前に抱いていた仕事内容や社風とのギャップを感じ、あなた自身が苦労することになります。

もちろん、面接で退職理由を話す際には、印象を良くするために言葉を選んだり伝え方を工夫したりはします。

でも完全なねつ造は辻褄も合わなくなりますし、最終的に入社してから困るのはあなたですので、絶対にやめましょう。

まりにも抽象的で誰にでも当てはまる

抽象的すぎる退職理由も避けましょう。

特に、なんとなく前職を辞めてしまったという方は要注意。

退職理由と志望動機は直結するので、誰にでも当てはまるような退職理由だと、志望動機も曖昧な印象になってしまいます。

退職理由はとにかく具体的に、あなた自身の経験と考え方を土台として導き出すようにしてください。

退職理由はポジティブ・簡潔・一貫性が大切

転職の面接で退職理由を述べる際に重要なポイントをおさらいしましょう。

  1. ポジティブな言葉選び
  2. 簡潔な回答
  3. 理由と志望動機の一貫性

とりあえずこの3つを押さえられれば、前向きでわかりやすく、筋の通った退職理由になります。

さらに、以下の4つの要素が含まれていないかチェックしておけば、人事担当者への印象も良くなります。

  1. 待遇面ばかりを主張
  2. 会社や上司の悪口
  3. 嘘をつく
  4. 抽象的すぎる内容

退職理由は、人事担当者が選考の上で重要視するポイントの一つです。

逆に言えば、退職理由をしっかり話すことができれば、高い評価を得られやすいということ。

この記事を参考に、退職理由を万全に準備して、転職の成功につなげてくださいね。