転職サイトからしつこい電話が来た場合の対処法※登録前にブラックリストで確認

転職したいと思ったら、まず登録するのが転職サイトです。

でも「登録したら電話がたくさんかかってきて迷惑」という声もよく聞きます。手軽るに登録できるのが転職サイトのメリットなのに、営業の電話に悩まされるようではストレスばかり増えてしまいますよね。

「電話の多い転職サイトは避けたい」
「頻繁に電話があった場合の対処法を知りたい」

今回はこれらのことについて解説していきたいと思います。

転職サイトから電話が来る一般的なパターンとは?

転職サイトに登録すると電話が来るのでしょうか?

結論から言えば、電話がかかってくることはあります。内容は簡単で「あなたにピッタリの案件を紹介したいから、まずは経歴を詳しく教えて」というもの。

でも、正確に言えばこれは転職サイトからの電話ではないんですね。

詳しく見ていきましょう。

そもそも転職サイトとエージェントの違いって?

混同されがちですが、転職サイトとエージェントはまったく別のサービスです。

カンタンに言うとそれぞれ次のような特徴があります。

  • 転職サイト=サイトに掲載されている求人を自分で見て選ぶ
  • 転職エージェント=転職のプロが自分に合った企業を選んでくれる

転職サイトでは「リクナビNEXT」「マイナビ」「エン転職」などが有名です。

エージェントですと「DODA」「type転職エージェント」「リクルートエージェント」あたりが人気ですね。

このように転職サイトとエージェントはサービスが違うため、転職をしたい時期や今の仕事の忙しさなどによってどちらが適切か変わってきます。

自分がどのような転職活動をしたいのかを考えたうえで、よりピッタリなほうを選ぶといいでしょう。

電話の多くは転職エージェントからかかってくる

看護師など特定業種に特化した転職サイトの場合、電話がかかってくることもあるようです。

ただそうしたケースはごく少数。電話のほとんどは転職エージェントからのものと考えてよいでしょう。

電話が来るパターンはいくつかあります。

あなたがどんな人か知りたい

もっとも多いパターンです。「詳しくお話を聞きたいので一度会えませんか」というものですね。

転職エージェントは紹介した人材が企業に採用されたときに初めて代金を手にします。ただ人材を紹介すればいいわけではないので、企業と転職者がきちんとマッチングすることがとても大事です。

そこで彼らはまず、あなたがどんな経歴で、どんな転職を希望しているかを知ろうとします。

もちろん職務経歴書や履歴書を見ればざっくりは理解できますし、メールでのやりとりであなたの考えを確認することも可能です。でもそれだとやっぱり限界があります。

相手を理解するには直接会うのが一番。ということで彼らはしつこく電話をかけてくるのです。電話なら面談のアポイントも取りやすいし、一度話をしているので面談の約束がキャンセルされる確率も低くなるからです。

おすすめの求人があった

これも多いですね。とくに、一度エージェントと話をして希望する業界や年収などを詳しく伝えたあとには非常に多くなります。

転職エージェントの抱える求人はサイト非公開のものが大半。そのため求人票だけではなかなか伝えきれない情報も少なくありません。そうした情報を正確に、いち早く伝えるために電話をかけてくるわけです。

また、エージェント側の都合としては、あなたという人材を他のエージェントに取られないよう囲い込んでおく必要があります。

人材紹介業は転職者という人材の確保がすべてなので、できるだけ密なコミュニケーションをとっておくことで少しでもライバルのエージェントに差をつけたいのです。

最新の転職状況を確認したい

転職エージェントに登録してしばらく時間が経っている場合などはこのパターンがよくあります。

転職サイトや転職エージェントは複数登録する転職者が多いので、少し時間が空くと転職へのモチベーションが変わっていたり、すでに転職をしてしまっているということがあります。

そのためエージェントは常に転職者の最新状況をチェックし、紹介できる案件がないかを探っているわけです。

転職サイトからしつこく電話が来る場合は自分の価値が高いってこと?

しつこい電話をされると誰だって嫌ですよね。

とくに、転職活動は今の仕事をしながら進めることが多いはず。仕事中に頻繁に電話がかかってきたり、せっかく家でくつろいでいるときに連絡されたりすると大きなストレスになります。

でもこうも考えられます。

「転職エージェントからこれだけ電話があるってことは、もしかして自分はすごく求められてる人材なのでは!?」

これは間違いではありません。

エージェントもボランティアではないので、あなたに連絡をする理由はあくまで仕事上の利益があるからです。企業とマッチングする可能性の低い転職者よりは、すぐにでも決まる可能性の高い転職者を優先するのは当たり前ですから。

ただ一方で、エージェント側の都合がメインの場合もあります。

転職エージェントは言わば人材の営業マン。人材を企業に売ってナンボなわけです。そこで多くの場合、彼らは厳しいノルマを持っています。

そのため、自分のノルマを達成するために転職希望者にしつこく電話をかけまくっている可能性もあります。

もちろん理由はどうあれ企業を紹介してくれるわけなのであなたのチャンスにもなり得ますが、エージェント側の都合が優先されて適当な企業を斡旋されるリスクもゼロではなく、注意が必要です。

とはいえ、転職できる可能性が低い人に転職エージェントがそれほど労力をかけることはありません。電話が頻繁にあるということは、あなたの価値が認められていると考えていいでしょう。

しつこい電話で有名な転職サイトのブラックリスト

転職サイトに関しては、上にも書いたようにそもそも電話をかけてくるサイトは多くありません。ですからブラックリストというものは存在しません。

転職エージェントは言うと、こちらも実はブラックリストというものはありません。逆に言えばどのエージェントもそれなりに電話してくるわけですね。

もっというと、そうやって向こうから連絡してきてくれるのが転職エージェント利用のメリットとも考えられるかもしれません。孤独で大変な転職活動でモチベーションを維持するのはカンタンではなく、尻を叩いてくれるエージェントの存在はありがたいとも言えます。

そうは言っても、あまりに頻繁な電話はやっぱりストレス。そしてブラックリストはないものの、電話がとてもしつこいエージェントは存在します。

そうしたエージェントの多くは、後発プレイヤーであったり、中小規模のエージェント企業が多いようです。

リクナビNEXTやDODAのような大手になると知名度は抜群です。そこまで過剰に電話をしてくる必要がありません。

もちろん登録当初のヒアリングのための電話などはありますが、その後の状況確認の電話などはほとんどないと言われています。

一方で後発や中小の転職エージェントは、言ってみれば大手エージェントから顧客である転職希望者を引っ張ってこなければいけないので電話の頻度も多くなるわけです。

彼らは自社サービスに登録してくれた転職者を絶対に逃したくないし、しばらく連絡がつかなくなると「他のエージェントに取られてしまったのでは」と不安になるので、常に連絡をとっておきたいのです。

また、エージェント企業ごとだけでなく、エージェント個人によっても電話の頻度が変わってきます。

大手転職エージェントであっても営業成績が悪くてノルマのためにくりかえし電話してくる担当者もいるでしょうし、その逆もありえるというわけですね。

転職サイトからしつこい電話がかかってきた時の対処法

転職サイト、もしくはエージェントからの電話がしつこい場合には何らかの対応をする必要があります。

パターンとしては、

  • 無視を続ける
  • エージェントを解約する
  • しつこいですと正直に伝える

という3つが考えられます。ひとつずつ見ていきましょう。

無視を続ける

電話のしつこい相手なら電話に出ないのが一番シンプルです。

かかってくる番号はせいぜい固定電話と担当者の携帯からでしょうから、着信拒否登録してしまえば煩わしい思いをすることもありません。

ただ、もともとは自分自身で転職エージェントに登録したことがきっかけではあるので、無視を続けるのはかわいそうな気もします。相手も人間ですから、ずっと無視されていい気はしないでしょうから。

転職エージェントを解約する

これもシンプルと言えばシンプルですね。しつこいエージェントならサービス自体を解約してしまえばいいのです。そうすれば二度と連絡は来ないでしょう。

でもこちらもあまりおすすめはしません。転職活動は基本的に時間のかかる作業ですし、一度転職したら終わりというものでもありません。転職エージェントにはこれから何度もお世話になる可能性もあります。

また、せっかく時間をかけてプロフィールや職務経歴などの情報を登録したわけですから、それを解約してゼロにしてしまうのはもったいない気もします。

長い職業生活のなかでいつまたそのエージェントと縁があるかわかりませんから、電話がしつこいという理由だけで解約してしまうのは得策ではないでしょう。

しつこいですと正直に伝える

こちらは電話に出るパターンですね。一度電話に出れば、エージェントとしてもあなたの近況が確認できます。

そもそもエージェントが何度も電話をしてくる場合、経歴の詳細や希望する転職条件などが不明だったり、あなたの転職活動の状況がわからなかったり、急いで紹介したい求人があったりと事情があるからです。

だから一度電話に出てきちんと話をすれば、その後もしつこく連絡がくるというのは考えにくいんですね

不安であれば「普段はオフィスにいるので電話をもらっても出られない」と伝えておけば、緊急事以外の連絡はメールに切り替えてくれるはずです。

変にエージェントを避けるのではなく、一度話をしてみるのがよいでしょう。それをきっかけにいい案件にめぐり会える可能性もありますから。

いかがでしたでしょうか?

今回は、電話がしつこい転職サイトはあるかについて解説してきました。
電話が多いのはサイトではなく転職エージェントだという結論になりましたが、エージェント側も何でもかんでも求人を紹介すればいいというわけではありません。

電話があったら一度話を聞いてみて、それからそのエージェントを頼るのか解約するのか判断すれば問題ないでしょう。

こちらの記事もよく読まれています!

⇒転職サイトの上手な使い方とは?登録~内定までを解説!コツは複数登録にあった!?