仕事に行きたくない時の対処法7選。転職はあくまで選択肢の一つ。

退職に関して

「仕事に行きたくない」と思う時ってありますよね。

でも、こういうときにどうしたらいいのかわからない、誰にも相談できないという方も多いでしょう。

この記事では、仕事に行きたくないと思った時の対処法と、行きたくない理由を紹介します。

仕事に前向きになれない気分だと、どうしても「転職」の2文字が脳裏をよぎるかもしれません。

しかし当然、転職にはそれなりにリスクがあります。

安易に転職を決断するのではなく、この記事を参考にいくつか対処法を試し、少し冷静にあなたの労働環境について考えてみてください。

仕事に行きたくない時の対処法

仕事に行きたくない時の対処法

ここではあなたが仕事に行きたくないと思った時、まず試してほしい対処法を紹介します。

  1. とりあえず1日休んでみる
  2. 仕事は生活費を稼ぐためだけのものと割り切る
  3. 休日に楽しみを作る
  4. 上司や同僚に労働環境の改善を訴える
  5. 部署や勤務地を異動する
  6. 休職してみる
  7. 転職する

いきなり転職!ではなく、「どうせ転職するならまあいいか」という気持ちでもよいので、とりあえず試してみましょう。

有給などを使ってひとまず1日休んでみる

まずは1日会社を休んでみて、疲れをいやし冷静な頭で、なぜ仕事に行きたくないのか考えてみましょう

「仕事に行きたくない」という言葉が先行しすぎて、なぜ行きたくないのかがあやふやになっていませんか?

「仕事に行きたくない」と思う時、あなたは精神的にもしくは身体的に、またはその両方に一時的にでも疲労がたまっています。

そのような疲労困憊な状態で仕事について考えたり決断したりするのは、誤った判断をしてしまうリスクが高くなります。

とりあえず1日、有給などを使って会社を休んでみて、ゆっくり落ち着いて「あなたが会社に行きたくない理由」を考えてみてください

仕事は生活費を稼ぐためだけのものと割り切る

自分が働くのは、安定した生活を送るためであると割り切ってしまうのも手です。

仕事や働く上での意識を少し変えてみましょう。

もしかしたら、真面目なあなたは「こんな割り切った意識やモチベーションで仕事をするなんてできない……」と思うかもしれません。

しかし正直、仕事にやる気やモチベーションは必要ありません。

そもそもやる気やモチベーションはただの気分なので、その時によってころころ変わるものなのです。

的確に頭と手を動かすことができれば、仕事は成立します。

あなたの仕事に対する意識ややる気が外にバレることはありませんし、逆に言うとそういったやる気のある「見た目」はいくらでもつくろえるのです。

こうして、仕事は生活のためのものと割り切ってしまうことで、精神的な負担を軽くしてみましょう。

休日に楽しみを作る

休日に楽しみを作る

休日にあなたが楽しめるイベントや予定を入れ、そのことを頭に仕事を乗り切ってみるのも良いでしょう。

アウトドア派なら都市部でのショッピングや遊園地、バーベキューやラフティングで自然を満喫するのもおすすめ。

インドア派ならお昼まで寝て家で映画を観たり、ゲームをしてのんびりと過ごすのも良いですね。

英気を養う方法は、人によってさまざま。
外に出かけることで元気になる人もいれば、内にこもることでパワーを回復させる人もいます。

あなたに合った楽しみを休日に用意し、とにかくそのことだけを考えて仕事に取り組んでみましょう。

上司や同僚に労働環境の改善を訴える

もしあなたの「会社に行きたくない」理由が会社の不当な労働環境にあるのなら、いっそそのような労働環境の根本的な解決を図ってみましょう

給料や労働時間、あらゆるハラスメントなど、場合によっては証拠も用意し、あなたの不満をしっかりと論理的に伝えるのがポイントです。

劣悪な労働環境の改善は、会社の中で上の役職に就く人が絶対にやらなければならない仕事です。

もしもあなたの訴えに何も変化が起こらないどころか、会社側が耳すら貸さないのであれば、あなたの会社に対する評価を考え直し、転職に踏み出す一因と考えましょう。

部署や勤務地を異動する

いきなり会社を変えるのではなく、まずは会社内での異動をしてみることをおすすめします。

なぜなら同じ会社とはいえ、部署や勤務地が違うと完全に別世界ということも存分にあり得るからです。

うまくいけばあなた自身も転職のリスクを負うことなく、同時に仕事に行きたくない気持ちも解消できるのでかなり有益です。

また、労働環境を少し変えてみることで、あなた自身の労働に対する譲れない部分や妥協してもいいと思う部分が明確になるというメリットもあります。

同じ環境で働いていると、意外にも当たり前になってしまって気づかないことが多いものです。

ひとまず、部署や勤務地の異動を申し出て、身近ながらも新たな環境で働いてみましょう。

休職してみる

休職してみる

あなたが休みも取れず、精神的にも身体的にも極度な疲労を抱えているのであれば、休職してみましょう。

重要なのは、勢いで仕事を辞めてしまわないこと。

いきなり仕事を辞めてしまうのはハイリスクですが、休職なら辞職よりはリスクを減らしてゆっくりと休息をとることができます。

せっかく正社員またはそれに準じた形で働いているのであれば、制度を最大限に利用してしまったほうが良いです。

休職でゆっくりと体と心を休めて、落ち着いてきたら自分の仕事やキャリアについてじっくり考えてから決断しましょう。

転職する

あれこれ試したけど、やっぱり「仕事に行きたくない」思いは解消されなかったという方は、いよいよ転職も選択肢の一つとして考えましょう。

転職で大切なのは、一つ一つのことをじっくり考えて行うことです。

勢いで決断したり、適当に実行したりするのは絶対にやめましょう。

転職は、今の職場で働きながら行うのが最適です。

自分の労働環境の改善のために行動してきたあなたなら、転職に際しても着実に歩みを進められるはずです。

仕事に行きたくない理由

仕事に行きたくない理由

仕事に行きたくない時の対処法はなんとなくわかったけど、自分の「仕事に行きたくない」明確な理由がよくわからないという方もいるかもしれません。

そういう方は、自分が仕事に行きたくない理由を解明しましょう。

ここでは仕事に行きたくないと思う理由について書いていきます。

  1. 仕事にやりがいを感じない
  2. 自分の能力が不足していてミスが多い
  3. 激務、仕事量が多すぎる
  4. 職場の人間関係トラブル
  5. 頭痛や腹痛、吐き気など、慢性的な体調不良

あなたも思い当たる節がないか、ちょっと考えてみてください。

仕事にやりがいを感じない

自分の仕事に対して「なんのためにこんな仕事をしているんだろう」と考えてしまい、どうもやりがいを感じることができないという方も多いはず。

特に入社前の期待値が高かったり、学生時代に部活やクラブ活動にまい進してきた人はやりがいがないとなかなか仕事に打ち込むことができないケースがあります。

本当はもっと自分に合った仕事があるのではないか、自分がもっと役に立てる職があるのではないか、などと考えだすとキリがありません。

しかし、ここで一つ本当に仕事にあなたのやりがいが必要なのか考えてみてください。

あなたが仕事をしている以上、たとえやりがいを感じていなかったとしても、確かにあなたは誰かの幸せに貢献しているのです。

また、不満を抱えながら忙しく働いている時はどうしても「隣の芝生は青く見える」もの。

安易に仕事を辞めたりせず、まずは信頼できる上司や同僚に相談して、多角的な意見を聞いてから判断してみてくださいね。

自分の能力が不足していてミスが多い

同僚の仕事スキルに比べて自分の能力が不足しており、失敗を繰り返してしまうのも、会社に行きたくない理由の一つです。

「どうして自分はこんなにできないんだろう」と自責の念に駆られては、後ろめたい気持ちでいっぱいになりますよね。

ミスを繰り返す場合には、自分がなぜ失敗してしまうのかを分析しましょう。

ふとした見過ごしやケアレスミスが積み重なって肥大し、大きなミスになっていませんか?

失敗を繰り返すあまり、次は絶対に間違えられないと緊張して委縮してしまい、思うように実力が発揮できずに負のループに陥っていませんか?

じっくり自分のミスを考察して、自分の弱点を徹底的に潰していきましょう。

激務、仕事量が多すぎる

激務、仕事量が多すぎる

過剰な仕事量やあまりの激務で仕事に行きたくないと思うのは、人間としてごく自然なことです。

もしあなたの職場が法外な労働を強いているのであれば、上司に訴えたり、管轄の労働局に相談したりして根本的な解決を目指しましょう。

激務によって心身ともに不調になり、医療機関を受診するのはもちろん必要ですが、それは対症療法でしかありません。

職場の労働環境が本質的に変わらなければ、あなたはまた不調を繰り返すだけです。

あなたが労働環境の改善のために行動を起こしても、会社側が取り合ってくれなかったり、対処までにあまりにも時間がかかる場合は、まず休職をしましょう。

そしてゆっくりと転職の手はずを整えるのがベターです。

職場の人間関係トラブル

会社には当然いろいろな人が集まりますから、人間関係のトラブルも時には発生するもの。

しかしそんな人間関係のトラブルが慢性化したら苦痛ですし、特にチームで働く職場になっては死活問題ですよね。

こういった人間関係のトラブルは、上の人に解決してもらうのが鉄則です。

なぜなら、職場環境を良好に保ったり改善したりするのは、上の役職に就いている人の仕事だからです。あなたが直接手を汚す必要はありません。

まずは、自分やトラブルの相手よりも上の人間に訴えてみましょう。決して感情的にならず、必要があれば証拠なども提示し、あくまでも論理的に話すことが重要です。

もしあなたの訴えによりトラブル改善が見られれば良いですし、変化がない場合は労働環境の改革に熱心でない体質の職場なのだということがわかります。

はたしてそのような体質の職場でも働き続けられるか否か、あなた自身の考えを出してみましょう。

頭痛や腹痛、吐き気など、慢性的な体調不良

毎日のように体調不良が続くなど、慢性的な体の不調があるのであれば、会社に行く気も失せますよね。

そのような体調不良が続く場合は、言わずもがな休みましょう。

とりあえず1日休んでみるのも良いですし、病院で診断書を書いてもらって、休職してみるのも手です。

でも「それくらいで休める会社じゃない」という方も中にはいるかもしれません。

はっきり申し上げますが、明らかな体調不良だというのに休めない職場は、異常な上に違法です。

労働基準法では、労働者の安全と健康の遵守が雇用者に対して定められているほか、強制的な労働が禁じられています

慢性的な体調不良が続く場合にはしっかりと会社を休んで、心身ともに健康に戻ってから自分の仕事やキャリアについてよく考えてみましょう。

「いざとなったら転職」と頭に入れておく

「いざとなったら転職」と頭に入れておく

ネットでもちらほら見かけますが、「仕事を辞めろ」「転職しろ」と言うのは非常に簡単です。

でも実際、転職にはリスクも当然あるので安易にはおすすめしません。

しかし「本当に嫌になったら辞める、転職することもできる」と頭の中に入れておくだけで、まったく気分が違いますよね。

あくまでも、「転職は最後に切るカード」として持っておき、周囲の意見と自分の考えを十分に巡らせてから使用することが重要です。

ぜひこの記事を参考に、あなたの労働環境や今後のキャリアについてじっくり考えてみてくださいね。