職歴なしでも就職する方法。戦い方の工夫が就活成功の鍵。

職歴なしでも就職する方法。戦い方の工夫が就活成功の鍵。 未分類

「職歴がなくても就職するにはどうしたらいいの?」

なんとなくフリーターやニートを続けていて、気づいたら職歴がなく焦っているという方もいるでしょう。

中には、夢を追いかけていて定職につかなかったという方もいると思います。

ここでは、職歴がなくても就職するためのポイントや、職歴なしに加えて年齢や学歴にも不安がある場合の対処法について書いています。

単刀直入に言うと、職歴がなくても就職は可能です。

ただし、業界や職種をしぼるなど、就職活動の仕方には少し工夫が必要ですね。

ぜひこの記事を読んで、職歴なしで就職するコツを押さえ、あなたの就職活動を成功させてくださいね。

職歴なしでも就職するためのポイント

職歴なしでも就職するためのポイント

職歴なしでも就職するには、次のポイントを押さえましょう。

  1. 既卒向け求人にしぼって探す
  2. 知名度の低い上場企業を狙う
  3. 就職しやすい職種業界にしぼる
  4. 既卒向けのエージェントを利用する

一つずつ詳しく説明していきますね。

既卒向け求人を探す

職歴なしで就職するなら、既卒歓迎の求人にしぼって探しましょう。

昨今の深刻な人手不足により、既卒を積極的に採用している企業も少なくありません。

そういった既卒歓迎の会社は、経歴や実務経験を重視しないことが大半です。

既卒向け求人を狙うことで、職歴がなくても内定を得られる確率が格段に上がりますよ。

知名度の低い上場企業を狙う

知名度の低い上場企業を狙うのも、職歴なしで就職する際のポイントですね。

先ほども述べましたが、昨今日本は厳しい人手不足の問題を抱えています。

上場企業といえども、知名度の低い企業にはなかなか人が集まらないのが現状です。

そのような認知度の低い上場企業は、既卒の採用も進んで行っていますよ。

また、上場企業は福利厚生なども充実しています。

職歴なしで就職するなら、知名度の低い上場企業を狙うことで、安定して長く働ける仕事に就ける可能性が高まるのです。

就職しやすい職種業界にしぼる

職歴なしで就職するなら、就職しやすい職種業界にしぼって就職活動をするのも一手です。

就職しやすい職種業界というのは、特に人手が足りていない業界です。

よって、とにかく人材を確保したい業界にしぼって就職活動をすることで、職歴がなくても内定を得やすくなります。

就職しやすい職種業界を挙げてみると、次のようになります。

  • IT
  • 介護
  • 飲食
  • 営業
  • 事務

人手不足の業界を狙って、職歴がなくても確実に就職を成功させましょう。

既卒向けのエージェントを利用する

職歴がなくても就職したいなら、既卒向けの就職エージェントを利用してみるのも良いです。

既卒向けの求人がたくさん集まっているのはもちろん、担当者と相談することで、あなたが内定を得るための戦い方をアドバイスしてくれますよ。

意外に、実際に内定を勝ち取るための具体的なプロセスを知らなかったり、自分に足りない能力を自覚していないということがあるものです。

既卒向けのエージェントを使うことで、あなたに合った就職サポートをしてもらえるので、職歴がなくても内定に近づくことができます。

職歴なし+学歴や年齢も心配なときの対処法

職歴なし+学歴や年齢も心配なときの対処法

「実は私、職歴がない上に、学歴もあまり良くなくて……」

「職歴もないし、年齢的にもかなり不安……」

職歴がなく、学歴や年齢にも不安があるという方もいるでしょう。

ここでは、そういった職歴がなく学歴や年齢にも懸念がある場合に、どう対処したら良いか書いていきます。

  1. インターンで働いた経験を作る
  2. 来歴を仕事に活かせるか論理的に説明する
  3. 学歴・年齢以外のマイナスを作らない
  4. 厳しいことを言われても冷静に対処
  5. 転職エージェントで対策を練る

確かに、職歴に加え学歴や年齢に不安があると、企業に良い評価をされるのはなかなか難しいでしょう。

しかし、就職がまったく不可能というわけではありません。

しっかりと対策を講じて、内定を勝ち取りましょう。

インターンで働いた経験を作る

職歴がなく学歴や年齢にも不安があるなら、インターンで働いた経験を作るのも手です。

最近は、学生でなくでも参加できる企業インターンがたくさんあります。

もちろんインターンなので職歴にはなりませんが、働く意欲や企業の一員として仕事をした経験をアピールすることができますよ。

インターンで働いた経験を作ることで、職歴と学歴や年齢によるマイナスを少しでもカバーしましょう。

来歴について仕事にどう活かせるか論理的に説明

自分の来歴について、仕事にどう活かせるのかを論理的に説明できるようにしておきましょう。

例えば、自分の来歴を反省しているのであればそれをどう活かすか、夢を追いかけていたならその経験をどう活かせるか、面接や履歴書などで論理的に話せるようにしておくのが大切です。

自分の来歴についてしっかり説明することができれば、仕事へのやる気や論理的に話す能力を持っているのを、人事担当者に見せることができます。

職歴がなく、学歴や年齢が心配なら、自分の来歴についてしっかり述べられるようにしておくと良いですよ。

学歴・年齢以外の点でマイナスを作らない

学歴や年齢に不安があるなら、それ以外の点でマイナスを作らないことも大切です。

これ以上、人事担当者からの印象を下げないように徹しましょう。

しかし、失敗をしないようにと縮こまる必要はありません。

むしろ、職歴なしで学歴や年齢に懸念があるからこそ、それ以外の部分をプラスにすることで印象を良く見せることもできるのです。

例えば、次のようなことに意識してみると良いですよ。

  • 話が論理的かつ簡潔でわかりやすい
  • はきはきと適切な音量で話す
  • 自信がある
  • 姿勢が良い
  • スーツの着こなしや髪型がきれい

学歴や年齢が心配なら、それ以外にマイナスを作らず、話し方やたたずまいに気を配り、プラスに変えていくことで印象を良くしましょう。

厳しいことを言われても冷静に対応

職歴がなく、学歴や年齢に不安があると、面接などで厳しいことを言われる場合も少なくありません。

しかしそのような状況こそ、どんな場面でも冷静に対処できるあなたをアピールするチャンスです。

厳しいことを言われても、感情的になったり、自信をなくした素振りを見せたりせず、論理的且つ前向きに話しましょう。

どんなときでも冷静に行動できる対応力は、社会人に求められる力の中でもかなり重要です。

面接で厳しい状況になっても、あくまでも冷静さを保つことで、社会人として大切な対応力が自身に備わっていることを伝えましょう。

転職エージェントで相談し作戦を決める

転職エージェントで相談して作戦を決めるのも、職歴がなく、学歴や年齢に不安がある方にはおすすめです。

一人で就職活動をするのは、単に大変なだけではなく、あなたについての客観的な分析が抜け落ちてしまいがちです。

転職エージェントに相談することで、プロによる多角的な視点から、あなただけの就職活動の作戦を立てることができますよ。

学歴や年齢が心配なら、ぜひ一度転職エージェントに登録して、確実に就職への一歩を踏み出しましょう。

職歴なしでも就職できるが、やり方次第

もう一度、職歴なしでも就職するためのポイントをおさらいしましょう。

  1. 既卒向け求人にしぼって探す
  2. 知名度の低い上場企業を狙う
  3. 就職しやすい職種業界にしぼる
  4. 既卒向けのエージェントを利用する

以上のようなことに気をつければ、あなたの就職活動もうまくいきますよ。

もちろん、職歴がないというのは当然マイナス要素です。

しかし、就職活動の戦い方次第では、内定を勝ち取るのも決して難しいことではありません。

ぜひこの記事を参考に、あなたも就職を成功させてくださいね。