仕事に飽きたときのモチベーションの対処法。転職を見極めるポイントも解説

仕事に飽きたときの対処法。転職を見極めるポイントも解説 未分類

「仕事に飽きてしまいました……」

仕事に飽きたとき、どうしたらいいのか悩みますよね。

この記事では、仕事に飽きたときの対処法と理由、転職に踏み切るか見極めるポイントについて書いていきます。

仕事に飽きてしまったときは、とりあえずでいいのでこの記事にある対処法を試してみてください。

対処法でも解決できなかったときは、「仕事に飽きた」という理由で転職するのももちろんOKです。

でも、本当に転職が最も良い選択なのかよく見極めることが大切です。

ぜひこの記事を参考に、あなたの仕事やキャリアについて再考してみてくださいね。

仕事に飽きたときの対処法。モチベーションの保ち方。

仕事に飽きたときの対処法。モチベーションの保ち方。

仕事に飽きた!と感じたとき、まずは試してほしい対処法はこちらです。

  1. 仕事に楽しみを見つける
  2. 上司や同僚に相談する
  3. 休日に自分の好きな予定を入れる
  4. 仕事のメリットを再確認する
  5. 部署を移動する

以上の対処法について詳しく説明していきますね。

積極的に楽しみを見つける

仕事に飽きたと感じたら、仕事の中に積極的に楽しみを見つけてみましょう。

例えば、どれだけ速く作業できるか、何時までにこの仕事を完了できるか、など目標を定めてゲームをするような感覚で仕事をしてみてください。

このように仕事に自分なりの目標を定め、まずは自分の中の仕事に対する視点を変えてみましょう。

もしまた飽きたと感じたら、再びその視点を変えていけばよいのです。

こうして視点を変えることで、積極的に楽しみを見出すことができれば、「仕事に飽きた」という感覚も払拭することができます。

上司や同僚に相談する

上司や同僚に相談してみるのも、仕事に飽きたと感じた時の有効な一手です。

あなたの仕事に対して客観的な意見を聞き、なぜ自分が仕事に飽きているのか探すヒントになります。

また、同僚や上司は自分と同じように「仕事に飽きた」ときにどのようにして乗り越えたのか、身近な存在から対処法を聞くことができます。

自分一人で考えると、どうしても思考が偏ってしまいがちです。

上司や同僚に相談することで、仕事に飽きた自分を客観的に見つめ直してみましょう。

休日に自分の好きな予定を入れる

仕事に飽きてしまったら、休日に自分の好きな予定を入れて、それを楽しみに仕事を乗り切ってみましょう。

仕事そのものは生活していくための作業であると割り切り、とにかく休日の予定のことだけを考えます。

休日の予定は、あなた自身がとことん楽しめるものにしましょう。

遊園地やアウトドア、ショッピングなど、外に出てみるもよし。

ゲームや映画、料理など、家で過ごすのもよし。

仕事に飽きてしまったら、このようにプライベートを自分なりに充実させることで切り抜けてみるのもおすすめです。

仕事のメリットを再確認する

仕事に飽きてしまったときこそ、今自分が働いている仕事や職場環境のメリットを再確認してみましょう。

仕事についてネガティブな感情を持っていると、どうしてもマイナス面にばかり目がいってしまいがちです。

あなたの仕事で得られるスキルや福利厚生、職場の人間関係など、今この仕事を続けるメリットについて考えてみてください。

改めて現職のメリットを確認することで、仕事へのモチベーションが復活しますよ。

部署を異動する

仕事に飽きてしまったら、部署の異動を申し出てみるのも手です。

いきなり転職を考えるのではなく、まずは会社内で働く環境や仕事内容を変えてみましょう。

部署を変えることで、新たに仕事へのやる気がわいてきたり、それまでは気づかなかった自分に合った仕事が見つかるかもしれません。

転職に踏み切る前に、「どうせ転職するならやってみるか」という気持ちでもよいので、部署の異動を試してみてください。

仕事に飽きてしまう理由と原因

仕事に飽きてしまう理由と原因
そもそも、どうして仕事に飽きてしまうのでしょうか。
「仕事に飽きた」と感じる理由と原因は以下のようなものがあります。

  1. 仕事がルーチンワーク
  2. 他の仕事に魅力を感じる
  3. 正当な評価を得られない
  4. 新しいことに挑戦させてもらえない
  5. 仕事の規模が小さい

自分がなぜ今仕事に飽きてしまっているのか、しっかりと見極めた上で対策を練りましょう。

仕事がルーチンワーク

仕事に飽きる理由の一つは、仕事がルーチンワークであることです。

会社に行っても、毎日反復作業ばかり……

来る日も来る日も同じことの繰り返しだと、仕事に飽きてしまうのはむしろ人間として当たり前と言えるのではないでしょうか。

こういった場合は、ルーチンワーク自体に「どれだけ効率よく迅速に作業できるか」などの目標を定めて、ゲームをクリアするような感覚で楽しむなどの工夫をしてみてください。

積極的に楽しみを見つけるのを得意になるには、ある程度慣れも必要です。

仕事がルーチンワークで飽きるなら、まずはその仕事の中に自分なりの楽しみを見出す練習をしてみましょう。

他の仕事に魅力を感じる

他の仕事に魅力を感じてしまい、今自分が行っている仕事に飽きてしまうということもあります。

やりがいを期待して今の仕事を始めたものの、いざやってみると思っていた仕事内容とは違ったり、自分には向いていないかも?と感じることもありますよね。

そうなると、自分にはもっとぴったりな仕事があるのではないか、あの仕事のほうが向いているのでは?と考えてしまいます。

そういった場合は、上司や同僚、友人など信頼できる周囲の人間に相談してみましょう。
どうしても、隣の芝生は青く見えてしまうものです。

自分の今の仕事に対する評価が偏っていないか、客観的な視点から意見をもらうのが良いです。

他の仕事に魅力を感じてしまうときは、誰かに相談してみて自分の置かれている状況を多角的に捉えるのがおすすめです。

正当な評価を得られない

正当な評価を得られないために、仕事に飽きてしまうということもあります。

どれだけ仕事を頑張って成果を出しても、それ相応の評価や報酬が得られなければ、モチベーションを保てませんよね。

もともと自分がやりたいと思っていた仕事でも、いつの間にか飽きてしまうでしょう。

こういった場合には、上司など会社の上の人間に直訴してみるのも一つの手段です。

自分の成果を具体的に提示し、論理的且つ冷静に訴えるのがポイントです。

正当な評価が得られず仕事に飽きてしまったら、上司などに自分の実績に見合った評価を求めてみましょう。

新しいことに挑戦させてもらえない

新しいことに挑戦させてもらえない環境で、仕事に飽きてしまうということもあるでしょう。

本当はもっとやりたい仕事やチャレンジしたい企画があるのに、なかなか許可が下りなかったら、仕事のやる気もなくなってしまいますよね。

入社前は挑戦できる環境の会社だと思っていたのに、いざ働いてみると実態はまったく異なっていたということも。

まずは、挑戦できる環境への改善を上司や会社の上層部に訴えてみましょう。

それでも環境が変わらず、あなたが挑戦できる職場をどうしても望むなら、転職も視野に考えてみるのが良いです。

仕事の規模が小さい

仕事の規模が理想よりも小さいということも、仕事に飽きてしまう理由です。

本当はもっと大きなプロジェクトに関わりたいのに、自分がなかなか携わらせてもらえないと、やりがいが見出せなくなりますよね。

キャリアを積んだ将来、大きな仕事を任せてもらえる希望があれば、それまでは少し我慢して、地道に目の前にある仕事をこなしましょう。

しかしそもそも会社自体が、あなたの希望する規模の案件を扱っていないのであれば、転職するという選択肢も頭に入れておくのがおすすめです。

「仕事に飽きた」で転職するときの見極めポイント

「仕事に飽きた」で転職するときの見極めポイント
仕事に飽きたときの対処法をいくつか試してみたけど、やっぱり転職したい……

「仕事に飽きた」で転職するのはもちろん悪いことではありません。

でも、転職にはそれなりにリスクが伴うので、本当に転職が最善の道であるかしっかりと見極める必要があります。

仕事に飽きたときの転職見極めポイントはこちらです。

  1. 明らかなブラック
  2. 上司の仕事スキルが不足
  3. 自分の市場価値が有効

転職の決断は、焦らず慎重に行うのが大事。

では、それぞれの転職見極めポイントを見ていきましょう。

明らかなブラック

仕事に飽きたとき、あなたが働いている職場が明らかにブラックなのであれば、転職に踏み切るのをおすすめします。

法外な時間外労働や低賃金など、ブラック企業で働いて精神的・身体的に消耗してしまっては元も子もありません。

適切な労働環境が整っている会社で、あなたがやりたい仕事を見つけましょう。

上司の仕事スキルが不足

仕事に飽きたと感じたとき、上司たちの仕事ぶりを見て、あまりにもスキルやスピードが不足しているのであれば、転職を考えてみても良いでしょう。

ずばり、目の前の上司たちの姿は、将来のあなたの姿です。

あなたがもっと仕事のスキルを身につけて、キャリアアップを目指したいと思っているなら、転職も考えてみましょう。

自分の転職市場価値が有効

あなたの転職市場価値が有効であるならば、転職に挑んでみるのも良いです。

あなたに市場価値は、webに掲載されている求人情報を見て、自分のスキルや年収と照らし合わせてみたり、転職エージェントに登録してみて、求められる人材を確認してみたりすることで把握できます。

もしあなたの市場価値が有効であれば、仕事に飽きたことを転機と捉え、キャリアアップのための前向きな転職も期待できるでしょう。

仕事に飽きて転職してもいいが、要検討!

「仕事に飽きたときの対処法を試してみたけど、やっぱり転職に踏み切ろうかな」と考えるのは、決して悪いことではありません。

しかし、転職にはリスクがあるので、安易にはおすすめしません。

あくまでも多角的な視点からよく吟味した上で、転職を決断することを忘れないでください。

この記事を参考に、あなたの今の仕事や今後のキャリアについて今一度考えてみてくださいね。