お客様のために、「今」ではなく「未来」を見つめている。

お客様のために、「今」ではなく「未来」を見つめている。

お客様のために、「今」ではなく「未来」を見つめている。

いちばん大切なことは
「お客様のために何をやるべきか」

2011年 入社

瀧澤翔太
Takizawa Shota プログラミング部

番組編成や売上目標の設定などをおこなうプログラミング部に所属し、さまざまな部署と連携しながら仕事を進めています。

以前は、メディア営業部の東北担当として地元のテレビ局を訪問するなど社外の多くの方々と接していました。2つの部署を経験して学んだのは、コミュニケーションの難しさです。年齢も立場も異なる方々に、自分の考えをどう伝え、どう納得していただくのかということです。

メディア営業のときの放送枠の交渉もそうですし、現在のプログラミング部での各部署との調整も容易ではありません。ご要望に100%添えない時もあれば、メンバーに負担をかける時もあります。そのような時は、プライオリティをつけながら、自分の考えを丁寧に説明し理解していただくよう努めています。いちばん大切なことは「お客様のために何をやるべきか」ということ。お客様が何を求めているのか、お客様はどう思うのか。その視点さえブレないようにすれば、最後にはしっかり相手に納得していただけます。

頼りになる先輩方、
刺激的なジョブローテーション

もともとはTVのバラエティー番組が作りたくて、就職活動でも制作会社を志望していました。番組制作という共通点からショップチャンネルを受けたのですが、個人面接で一生懸命に話を聞いてくれたのが好印象でした。新卒社員が少なくて不安な面もありましたが、先輩方が積極的に話しかけてくれたおかげで、違和感なく会社になじめました。

仕事面でフォローをしていただくことも多いので安心して職責を全うすることができます。「人を楽しませる」という点では、バラエティーもテレビショッピングも同じなんですよね。とくにショップチャンネルはお客様の反応がリアルタイムにわかるので、“作り手”としての醍醐味があるのではないでしょうか。

ジョブローテーションは様々な刺激を与えてくれる素晴らしい制度です。いろいろな職種を経験できるので自分自身の成長につながります。将来は、もっと会社を動かせる中枢の仕事がしたいと思っています。そのためにも、今は現場の仕事をしっかりと経験しておきたいですね。

頼りになる先輩方、刺激的なジョブローテーション

可能性を信じて、
新しい自分への第一歩を

実は、もう半年先の番組を決めています。「今」だけではなく、一歩も二歩も先の「未来」も見据えながら物事を動かしていく… とてもやりがいがあります。

商品のトレンドも、お客様のニーズも、毎日変わっていきます。その猛烈なスピードに遅れをとることなくお客様のために全力で邁進する。だからこそ、ショップチャンネルは魅力的な会社であり、業界No.1であり続けるのだと思います。

これから社会人になる学生の皆さんには、けっして自分の可能性を狭めないでほしいですね。「あ、いいかも!」と思える会社に出会ったら、まずは説明会に足を運んで“新しい自分”への第一歩を踏み出してください。その向かう先がショップチャンネルだったら…最高ですね。

キャリアステップ

2012
【メディア営業部に配属】

番組配信戦略を計画、実行する「メディア営業部」に配属。ショップチャンネルを視聴できる環境拡大のための業務を行う。

メディア営業部に配属

メディア営業部に配属

2014
【プログラミング部に異動】

データを元に番組編成や売上目標の設定などをおこなうプログラミングにて業務を行う。

プログラミング部に異動

プログラミング部に異動

  • 先輩社員紹介(2012年入社)のページへ
  • 先輩社員紹介(2012年入社)のページへ
  • 先輩社員紹介(2011年入社)のページへ
  • 先輩社員紹介(2011年入社)のページへ
  • 先輩社員紹介(2010年入社)のページへ
  • 先輩社員紹介(2010年入社)のページへ
  • 先輩社員紹介(2008年入社)のページへ
  • 先輩社員紹介(2006年入社)のページへ
  • 先輩社員紹介(2004年入社)のページへ