膨大なデータを収集・分析し、予測を立てる数値管理のプロフェッショナル。

膨大なデータを収集・分析し、予測を立てる数値管理のプロフェッショナル。

膨大なデータを収集・分析し、予測を立てる数値管理のプロフェッショナル。

※インタビューは「プランニング部」在籍時の内容です。

実績をもとに予算を編成し、売上を予測する

2010年 入社

大木 未菜
Ohki Mina 品質管理部
(取材時:プランニング部)

ショップチャンネルでは、商品カテゴリーごとに年間予算が与えられています。

各カテゴリーを単純に振り分けることができればいいのですが、カテゴリーによって需要が高いシーズンがそれぞれ異なります。わたしたちプランナーの仕事は、担当するカテゴリーの特性を把握した上で、予算を各月に振り分け、そこからさらに週単位、一日単位に予算を決めていくところからスタートします。

目標は、予算の達成。そのために、どの時間帯にどの商品を紹介すればいいか、バイヤーと協働し、販売計画を策定します。商品を買いつけるのがバイヤーなら、数値を管理するのがプランナーの仕事。販売する時間帯ごとのフォーキャスト(売上予測)を立て、割り当てられた時間内で、どの商品をどの順番でどれくらいの時間を使って紹介するかまで細かく決定していきます。

ピンチをチャンスに変えるのが、
わたしたちらしさ

想定ミスにより発生した「空受注」の嵐。

ショップチャンネルの良いところは、『ミスに対しても誰も実力不足を責めたりしない』こと。私がミスをしてしまった時も、誰も私を責めず、みんなは「じゃあ、どうしたらいいか」ということしか考えていませんでした。「自信を持ちなさい」。ある先輩はそう発破をかけてくれました。どんな想定外のピンチにも弱音を吐かず、前向きに立ち向かう先輩たちの姿に、プランナーとしてのあるべき姿勢を教えてもらいました。だからわたしは、どんな時も失敗を恐れずチャレンジすることを大切にしているんです。

ピンチをチャンスに変えるのが、わたしたちらしさ。

  • ある日のスケジュールを見る


    • 出社
    • 09 : 30〜

      始業、メール確認
      週末・当日の売上確認。
    • 09 : 45〜前日の売上確認
    • 10 : 00〜

      午後に控えているミーティングの準備
      資料の準備とチーム内での内容共有をします。
    • 12 : 00〜ランチタイム
    • 13 : 00〜

      ミーティング(販売計画のすり合せ)
      販売計画の詳しい議題はその時それぞれで変わります。
    • 15 : 00〜デスクに戻り、事務作業
    • 16 : 00〜

      ミーティング
      売上進捗状況、来週の販売計画の報告をします。
    • 16 : 30〜翌日の会議資料作り(プレゼン資料)
    • 18 : 30〜翌日のスケジュールと仕事内容の確認
    • 19 : 00〜退社

目指すキャリアイメージ

商品の買い付けから放送、顧客対応まで様々な業務があるショップチャンネル。
部署によって業務内容が全く違うことが私たちの会社のいいところだと思います。
ジョブローテーションで色々な部署を経験していくことで、縦断的に知識をつけ、自分の仕事に活かしていきたいです。
そのためには、まずプランナーとして1人前になることが当面の目標です。

  • 先輩社員紹介(2012年入社)のページへ
  • 先輩社員紹介(2012年入社)のページへ
  • 先輩社員紹介(2011年入社)のページへ
  • 先輩社員紹介(2011年入社)のページへ
  • 先輩社員紹介(2010年入社)のページへ
  • 先輩社員紹介(2010年入社)のページへ
  • 先輩社員紹介(2008年入社)のページへ
  • 先輩社員紹介(2006年入社)のページへ
  • 先輩社員紹介(2004年入社)のページへ