研修制度 -社員座談会-

トークセッション

研修制度 -社員座談会-

研修で学ぶ、現場で学ぶ。ショップチャンネルは楽しみながら育ててくれる。研修で学ぶ、現場で学ぶ。
ショップチャンネルは楽しみながら育ててくれる。

様々な職種があるショップチャンネルだからこそ、人材育成に研修はかかせません。特に社会人1年目の研修は非常に充実しており多様なプログラムを実施しているほか、新卒入社社員には『ジョブローテーション制度』があり、複数の部署で経験を積む事ができます。その魅力を、それぞれの部署で活躍している先輩社員に語ってもらいました。

2008年入社 小山ひろみ

2010年入社 大木未菜

2013年入社 宮本康平

2015年入社 小山祐太

※ジュピターショップチャンネル 東京コールセンター休憩室にて取材・撮影
※部門名は取材時の情報です

2008年入社 小山ひろみ

2010年入社 大木未菜

2013年入社 宮本康平

2015年入社 小山祐太

※ジュピターショップチャンネル 東京コールセンター休憩室にて取材・撮影
※部門名は取材時の情報です

いろいろな角度から学べる
充実の入社前研修

小山さん
小山さん
小山くんは入社して2年経つけど、入社時研修でで印象に残っていることはある?
小山さん
小山さん
「社会人の心構え」を教えてくれたことですね。まだ配属前で不安ばかりでしたけど、社会人に必要なことをしっかり教えてくれたので、とても前向きになれました。
宮本さん
宮本さん
ぼくは研修を通じてメンタルの部分が鍛えられた印象があるな。実際に制作部に配属された後は業務を通じて番組の演者や取引先の方々に、自分の意思をしっかり伝える姿勢が身に付いたので、今の自分のプラスになっていると思う。小山くんの代は、入社時研修が2ヶ月だったんだよね?
小山さん
小山さん
そうなんです。
現場実習としてコールセンターで実際に注文を受け、お客様の生の声を聞く事ができました。様々なお客様と接する中で、当社への期待の大きさを感じました。また、社会人としての心構えやマナーはもちろん、ショップチャンネルのビジネスについてもしっかりと学べる研修プログラムでした。
大木さん
大木さん
パソコン研修やビジネス文書作成、プレゼンテーションスキルを磨くプログラムは実務で直接役立つ内容だった。また、研修は、いろいろな部署の方のお話を聞く機会も多いので配属後もコミュニケーションがとりやすくなるよね。
小山さん
小山さん
入社時研修ではいろんな角度から学べるし、私が新卒の頃よりも今は教える側の経験も蓄積できているから価値も高いと思うよ。

コンテンツを閉じる

自分の視野を立体的に広げることができる
ジョブローテーション

小山さん
小山さん
ジョブローテーションは、実際どうですか? 就活の時から魅力を感じていた制度なのですが…
小山さん
小山さん
ジョブローテーションは、基本的には2年で他の部署に異動するんだけど、自分ひとりでできる仕事が増えてきたところで異動になってしまうからすこし短いかなあ。でも、逆に慣れすぎる前に変わるから、そのぶん刺激があっておもしろいと思う。
大木さん
大木さん
会社の流れや仕事のつながりが、業務を通じ、より深い知識として実感できるのはいいかも。中にはずっとひとつの部署にいて、その道のエキスパートになっている先輩もいらっしゃいますし…人によってスキルの積み方はいろいろだと思う。
宮本さん
宮本さん
それぞれの部署を立体的な視点で見ながら仕事をしていくと楽しいんじゃないかな。ぼくは番組の制作部門からEコマース(ネット)部門に異動したばかりなんだけど、初めはまったく新しい業務を前に苦労することもあったけど、全社的に推している「ネットライブ」に関われているので今、とても充実していてやりがいを感じています。これが形になるまでは異動したくないな。
小山さん
小山さん
視野は広がりそうですよね。ひとつの会社でいろんな仕事を経験できるなんて、他の会社ではあまりないと思うので。
大木さん
大木さん
異動する側だけじゃなくて、受け入れる側からしても、ジョブローテーションは刺激になると思うな。私は新入社員の教育担当として1年間業務を教えていました。新しい人に教えることで自分自身も業務の棚卸しができて改善点をみつけられる。組織にとっても、よい方向に動いていくんじゃないかな。

コンテンツを閉じる

経験豊富な先輩がいる。
チャレンジできる社風がある。

小山さん
小山さん
ショップチャンネルは「スピード感」を謳っていますけど本当にそうですよね。毎日の仕事の密度が濃くて…忙しい!(笑)
小山さん
小山さん
何年もいると、一日一日の変化が本当にはやく感じるよ。去年と今年でやっていることも全然ちがうからね。
宮本さん
宮本さん
ある先輩に「人を演出したかったら、まずは自分を演出しろ」といわれたんですけど、それはたぶん「積極的に動け!」ということだと思うんです。そのスピリットは、社員全員が持っているんじゃないかな。
大木さん
大木さん
あまり身構えずに、気楽なきもちでやることも大切だと思うな。わからないことがあっても経験も知識も豊富な先輩がフォローしてくれるもの。学ぶことがたくさんある先輩は見本だよ。
歴代の新卒入社社員が集まる「新卒会」での歓迎会も嬉しいよね。新卒入社社員ならではの悩みも共有できるし、相談にものってくれる。この会をきっかけに部署を越えて色々な年代の社員とも仲良くできるよね。
小山さん
小山さん
はい! 先輩方もやさしいですし、色々とフォローしてくれるので心強いです。同期が17名いるのですが、制作部門やカスタマーサービス、バイヤーなどの商品部門や人事部といった管理部門まで、様々な部署に配属されています。同期で集まる事も多いのですが、どの部署も刺激があり、苦労も沢山ありますがみんな楽しく仕事をしていますね。
宮本さん
宮本さん
同期は大切だよ!新入社員研修期間中は、同期で一緒に課題に取り組んだり、困難を乗り越えたりするから自然と絆が深まっていくよね。今でも時間が合えば飲みにいったり、相談したりしてる。お互いに刺激ももらえるし、理解し合える同期の存在は大切だよね。
小山さん
小山さん
入社したては不安がいっぱいかもしれないけど、研修を通じてビジネスも学べるし、ネットワークを広げることもできる。だからこそ、1年目から活躍できる環境がショップチャンネルにはあるんだと思う。そのための制度は十分に整っているから安心して入社してほしいよね。

コンテンツを閉じる

入社前研修

10/1の内定式に「ビジネス・オリエンテーリングコース」をスタートします。 入社するまでは、学生から社会人になる最終準備の段階になります。“ビジネス”という大海原に出航する前の最後の準備期間として、自分がどうありたいかという意志をもち、そのことを社会の中で実現しようとする基礎力を養います。「業界の動きを知る」「働くということを考える」「発信力を鍛える」「ビジネスの基礎力をつける」という4つのねらいに基づき、学生生活に支障がないように実施します。

入社時研修

「自ら考え行動し、成果を出せる人材になる」ことをゴールに、4/1の入社式から配属までの期間は、社会人、組織人として必要な基本姿勢・基本知識・基本行動を身に付けます。ビジネスの継続的発展に重要な「顧客意識」やコンプライアンスの徹底もはかります。研修では、知識の詰め込みだけでなく、お客様対応の現場研修も併せておこないます。研修の最後には、チームに分かれて会社の未来を考え、新たな提案をする「アクションラーニング」に取り組みます。チームワークを武器に、アイデアを形にして表現し相手を説得する醍醐味を体験します。

座学形式で学んでいる風景
座学形式でビジネススキルも学びます
コールセンターでの研修風景
実際のコールセンターでの受注研修
座学形式で学んでいる風景
座学形式でビジネススキルも学びます
コールセンターでの研修風景
実際のコールセンターでの受注研修

配属後研修

2年目になる前に、『フォローアップ研修』を実施。1年を振り返ることで、自己の成長を実感し自信をもって2年目を迎えるようにします。3年目は「担当業務を最後まで責任を持ってやり遂げる人材になる」ことをゴールに、階層別研修として『プロフェッショナル・ビジネススタンス研修』を実施します。仕事のPDCA・問題解決・タイムマネジメントを学びます。

自己啓発

その他自己啓発として、資格取得を含む自己成長を促す講座などの受講をバックアップする制度も充実しています。